大学卒業

大学卒業後私は大学時代にバイトしていた農業研究の施設に誘われたこともあり、そのまま就職しました。大好きな研究もできるし、条件も悪くなかったので特に迷うことなく就職を決めました。バイト時代も研究のサポートはしていたのですが、補助の仕事が多く責任がある仕事をさせてはもらえませんでした。それが社会人になってからどんどん面白い実験や責任のある仕事を任せてもらえるようになったわけです。

仕事についてもとても充実していました。最初の1年は勉強の部分が多かったです。覚えなくてはならないことも多かったので、家で勉強することもたくさんありました。会社とアパート、スーパーの往復の日々でしたがそれでも毎日楽しく過ごしていました。

研究にあたり栽培なども手がけるわけですが、うまく育ったときはまたうれしさも倍増しました。逆に予想に反してうまくいかなかったときは、「なんでだろう」とがっかりするわけです。当たり前ですが、ショックなものですよ。

それも研究の上では大事な要素であり、失敗の原因を探ったり改善点を加えることでまた違った視点からチャレンジできることも学びました。こんな感じで1年はあっという間でした。

 

Comments are closed.